バナー

美容外科での人気の施術

高齢になってくると、目の下の皮膚のたるみで悩みを抱える人はとても多いです。

なぜたるみが生じるのかというと、ハリを維持するコラーゲンが減少してしまうからです。

教えて!gooの情報を得られます。

目の下がたるむと、年齢以上に老けた印象になります。


美容外科では、目の下のたるみを解消する治療として目の下への脂肪注入が人気です。

これは、自身の脂肪を遠心分離機で濃縮させて目の下に注入する施術です。目の下に脂肪を入れることで、肌にハリを取り戻してたるみを解消できます。

この美容外科の脂肪注入の利点は、一度施術を受ければ永続的なたるみ解消効果が得られることです。

自分の脂肪を入れるので、ヒアルロン酸のように体内に吸収されることがないです。ずっと脂肪は残り続けるので、ハリのある肌がキープできます。

その他にも、なので、自分の脂肪を利用するので、アレルギーなど拒絶反応の心配がないことも利点です。

脂肪注入は若返り効果が高いですが、治療後にはいくつかの注意すべきことが有ります。

大阪の全身脱毛選びをお手伝いします。

まず、美容外科での施術から数日くらいは患部に軽い内出血、腫れなどが見られることです。
このような症状が出てしまった場合は、ごく軽いものなのでメイクでカバーすると良いです。

東京の美容外科情報がリニューアルしました。

その他の注意点は、施術後に熱いお風呂にはいったり、サウナ、激しい運動などの体を温める行為は厳禁です。
というのも、身体を温めてしまうと、血行が良くなって腫れてしまうことがあるからです。
なので、手術後1週間くらいは安静に過ごすことが大事です。